心配している女性

低用量ピルは女性ホルモンが含まれている経口避妊薬です。商品によって有効成分の量や種類が異なりますが、副作用が出にくいようホルモン量をぎりぎりまで少なく設定されているのが低用量ピルの特徴。商品ごとに成分の違いがあるとはいえ、どれもエストロゲンとプロゲステロンという2種類の女性ホルモンと同じ役割を果たすという意味では同じです。また、低用量ピルは一度の服用で避妊効果を出す薬ではなく、継続して使用することで初めて排卵抑制効果を発揮します。これは、含有量が少ないため、1錠当たり1日分の女性ホルモンしか入っていないからです。とはいえ、しっかりと決まった通りに内服を続ければ、99%以上という高い確率で排卵をストップさせることができます。

確実に避妊効果を出すためには、低用量ピルを1日1錠同じ時間帯に服用するという基本を覚えておかなくてはいけません。この服用ルールが守られないと、いくらピルを飲み続けても、妊娠してしまうリスクが出てきます。

飲み方は商品ごとに異なりますが、どれも生理開始日から飲み始めるのが基本。錠剤によって含まれている成分の量が段階的に変わってくるものもあるので、飲む順番にも気を配る必要があります。商品のパッケージを開けると、錠剤の入ったシートに番号が付いているはずです。その番号の順番通りに1錠ずつ服用していってください。

成分量が変わる2相性や3相性のピルは、錠剤の色も変えてあることが多いので、色で錠剤の種類を判断することもできます。仮に順番を間違えてしまったとしても、同じ色の錠剤であれば内容に違いはないので問題ありません。ただ、色の違う錠剤を飲んでしまうと順番が狂ってしまい、避妊率が下がってしまう恐れがあるので注意してください。

2相性や3相性の場合には、飲む順番が非常に重要です。確かな効果を出すために、シートに書いてある番号に従って服用するようにしましょう。シートに入っている錠剤の種類が全て同じタイプの場合には、そこまで飲む順番を気にする必要はありません。どれもが同じ内容なので、好きな順番で飲むことも可能です。しかし、低用量ピルは毎日継続して飲み続けることが絶対条件です。飲み忘れを防ぐためには、シートの番号通りに服用したほうが望ましいでしょう。

また、ピルの服用方法で注意してほしいのは、服用時間を揃えることです。日によって朝に飲んだり、夜に服用したりと時間に差が出ると薬の効果が一定にキープされない危険があります。低用量ピルは女性ホルモンの量を最低限度まで減らしてあるので、内服間隔が空くと体内のホルモン量が不足してしまう恐れがあるのです。だから、毎日1錠内服するという基本と共に、同じ時間帯に飲むというルールも覚えておいてください。

毎日飲み続けていると、今日の分を飲んだのかどうかを忘れてしまうことがあります。そういった時に備えるためにも、生活の中のルーティン作業に服用作業を組み込んでしまうのがおすすめです。例えば、歯磨きをした後に低用量ピルを服用するなど、何かとセットにしておくと忘れにくいです。飲み忘れを防ぐためには、アラームをセットしておき毎日確認する習慣をつけるのも良いでしょう。

すでにその日の分を服用したのに、飲んだかどうかを忘れてしまう場合には、カレンダーにチェックを入れる方法があります。低用量ピルを飲んだらマークを入れるようにすれば、その日に飲んだかどうかを目で見て確認することができます。継続して飲まないと一気に避妊率が低くなるので、あらかじめ飲み忘れを防ぐような対策をとっておくことが非常に重要です。自分のライフスタイルに合わせて、苦痛なく毎日ピルを飲み続けられる方法を考えてみてください。